正しい業者選び

海外不動産投資を始めるにあたって、仲介業者を選ばなくてはいけません。 大切な資産を最大限に有効に活用するために適切な業者選びはとても重要。
通常、日本からシンガポールの不動産を投資目的で購入しようとした場合、大きく分けて以下の3つの業者に依頼するのが一般的だと思います。

日本に法人があり、日本国内で大きく宣伝をしている業者

但し、現地には支店は無く、ローカルのエージェントに業務を委託。実際はシンガポールの不動産知識はあまり持ち合わせていない。

日本国内、あるいはシンガポールに法人を構える投資会社

不動産を専門とはしておらず、こちらも物件の選定に関してはローカルのエージェント任せ。

シンガポールのローカル、あるいは日系不動産業者

シンガポールの日系不動産業者の主な業務は現地の日系企業の駐在員の方の住宅の仲介。不動産投資の業務はメインではない。

これでは一体どこに頼んだら良いのか途方にくれてしまいますね。 まあ、物件の豊富さや取引数の多さから言えば、ローカルの業者が一番という事にはなるのですが…

但し、この地元のエージェントと言うところに大きな問題があるのです。

ほとんどのシンガポールのローカルエージェントは不動産の専門家ではない!という事実です。

一体どういうことなんだろうと首をかしげる方々が多いと思いますが、実はシンガポールでは日本のように不動産に従事するエージェント一人一人に不動産の資格保持を義務つけてはいません。(2010年5月現在)

また、多くの不動産エージェントは大手の不動産業者と歩合ベースの契約を結んでおり、きちんとした雇用契約も結んでいない事が多いのです。

パートタイムに不動産エージェントをしていたり、とりあえずの現金収入のためにエージェントになるシンガポール人が本当に多いのです。

彼らは、コミッションや待遇の良い不動産業者の間を飛び回っており、会う度に所属している会社が変わっているというのは日常茶飯事。
あるいはいつの間にかエージェントを辞めてしまったという人も後を絶ちません。

不動産に知識に関しても殆どのエージェントはお粗末なもので、本当にこんな人たちに任せてよいのだろうかと首を傾げたくなります。

お客様にとって大切な資産。

その資産を有効利用するために、目先の派手な宣伝や甘い言葉に惑わされず、きちんとした業者を見極めることはとても大切です。

お客様の希望や質問にあまり的確な返答が無いとき。一方的に業者から特定の物件を進めるような時はその業者を本当に選んでよいものか、もう一度考えてみてください。

当社では、お客様のご要望をしっかりと日本人担当者が承り、ローカルのスペシャリストと共にお客様のご希望に合った物件の選択をさせていただきます。

シンガポールでの不動産投資が日本の皆様にとって、もっと身近なものとなるように、当社では様々な形でお手伝いをさせて頂いております。

シンガポールの不動産投資に関してもっと詳しくお知りになりたい。或いは資料をご希望の方は、お問い合わせフォームにご記入の上、当社までお気軽にご連絡下さい。

*このページのトップに戻る

メインメニュー

会社概要

シンガポールで不動産投資。ブログ
不動産を中心とした、シンガポールの最新情報
シンガポール投資物件情報。ブログ
シンガポールの最新投資物件情報と売買に関する疑問にお答え
お問い合わせ