代表者ご挨拶

代表者ご挨拶

シンガポールから日本の皆様へ

この度は当社のホームページを訪れて頂き、そしてシンガポールの不動産にご興味を持って頂きありがとうございます。

「シンガポールで不動産投資なんて本当に儲かるの?」 このサイトにいらして下さった方の中にもきっと そんな疑問をもたれた方が少なからずいらっしゃるのではないでしょうか? 実は「シンガポールでの不動産売買なんて絶対に儲からない!」 と思っていたのはこの私自身なのです。

私がシンガポールにやってきて、 日本人駐在員の方の賃貸仲介のお手伝いを始めた1997年。

タイバーツ暴落に端を発した通貨危機は瞬く間にアジアを覆い、 当時バブルに沸き立っていたシンガポールの不動産市場を直撃。

多くの日系企業もシンガポールから撤退。 住宅の賃貸相場は底値を迎えました。

当時の私は「こんな家賃でどうやってオーナー達はローンを返済していくのだろう」 と良く考えたものです。

案の定、翌年には多くのオーナーが負債を抱え自己破産の道を選んでいきました。

「本当にシンガポールの不動産物件が個人の投資家に利益をもたらすのだろうか?」 日本のお客様にシンガポールの不動産投資物件をお勧めしようと決断するまで、 何度も同じ事を考え、多くの事例を勉強させていただきました。

そして、通貨危機当時、痛手を受けたオーナー達は一時のブームに踊らされ、 何の知識も持たずに市場に参入。高値で物件を購入した人が殆どである事。

反対に市場を冷静に分析していた投資家達はその後莫大な利益を手にした事などが分かりました。

正しい知識もって、市場の流れを冷静に分析。そして適切な判断を下す事ができれば、どんな状況下でも、不動産は私達に利益をもたらしてくれるでしょう。

今は自信を持ってシンガポールの不動産投資物件を日本の皆様にお勧めする事ができるようになりました。

バブルが弾けた後、輝きを失った日本経済とは対照的に この13年の間 数々の経済危機に見舞われながらも、シンガポールは着実に成長を続けています。

それは強い政府の下、国民一人一人が国と個人の発展を信じ、 常に前向きな姿勢をとり続け、努力をしてきたからだと私は考えます。

今回の世界金融危機での影響も最小限に止め、見事にV字回復を遂げたシンガポール。

こんな元気なシンガポールから、日本にお住まいの皆様にとびきりの不動産情報を提供できるよう、これからも努めてまいります。

そしてこのサイトにいらして下さった一人でも多くのお客様のお役に立てる会社であり続けるため、全力を尽くしてまいります。

これからも、これまで以上の皆様の変わらぬご支援、心よりお願い申し上げます。

YHF PTE LTD
代表 葭矢 久子

*このページのトップに戻る

メインメニュー

会社概要

シンガポールで不動産投資。ブログ
不動産を中心とした、シンガポールの最新情報
シンガポール投資物件情報。ブログ
シンガポールの最新投資物件情報と売買に関する疑問にお答え
お問い合わせ